TOP

安全に不倫を楽しめる刺激的な風俗体験談を載せています。

タトゥーがダメなんです

割と風俗選びで失敗したことがない自分なのですが、今回は正直やってしまったと思いました。というのが今回は都内にあるピンサロで楽しもうと思ったのですが、自分の苦手であるタトゥーのある女の子を選んでしまったからです。どうも個人的にそれがある女の子は生理的にダメで、タトゥーを見た瞬間自分の息子は途端に萎縮してしまうのです。今回は途中までそれに気づかなかったのでギンギンでいたのですが、フェラをしてもらっている途中でふと彼女をみると腰と背中の一部に思いっきり入っていたので一気に萎えてしまいました。彼女がいきなり小さくなった自分を見てどうしたのか聞いてくれましたが、自分が正直に話をすると申し訳なさそうにしていました。性格は良い女の子だったのでこちらが逆に申し訳なく思いましたね。結局時間が終了するまで自分の息子が復活することはなく、彼女と色々な雑談をして終わる羽目になりました。事前にそれがわかるようなシステムになっていれば良いんですがね。

オナニーよりディープスロート

私は25歳の肉体労働者です。盛りがついた年頃なんで毎日オナっても次の日に差しつかえることがないんですよ。だからオナったり彼女がいればセックスしているんだけど、今は彼女がいないんでオナっています。だけどオナってばかりいてもつまらないんで、たまには都内にある風俗に行くんですよ。ヌイてもらうだけで良いんでピンクサロンに行っているんだけど、ピンクサロンで十分満足できる体になっちゃいました。今回行ったピンクサロンに、スレンダーで可愛いピンサロ嬢がいたんですよ。その嬢を指名してフェラってもらったんだけど、普段自分でオナってばかりいたんで、半端ない快感がありましたね。特に2回目のフェラは、風俗嬢でも習得が難しいディープスロートだったんですよ。このフェラを味わってしまうと他のフェラでは気持ち良くなれない人がいるかもしれません。それくらい気持ち良いフェラで、5分後に発射しちゃいましたが、あの日以来、このときのピンサロ嬢のディープスロートにハマっています。